Vengineerの妄想(準備期間)

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

Tenstorrent、2021:Wormhole (12nm)、2022:Blackhole (7nm)、2023:Grendel (4nm)

はじめに

Jim Kelley san なんか、お疲れのような感じでお話しています。

www.youtube.com

説明のために下記の図を引用します。Tenstorrentは、下記の図のようにチップを2Dに接続してスケールするような作戦をとっています。

f:id:Vengineer:20211201112002p:plain

Wormhole の先の情報が出てきました

下記のビデオで新しい情報が出てきました。

www.youtube.com

説明のために、下記の図を引用します。

  • 2021 : Wormhole (12nm、GDDR6 x channels)
  • 2022 : Blackhole (7nm、DDR5 x 8 channels)
  • 2023 : Grendel (4nm、DDRx x 12 channels)

Wormhole は、7nmだと思っていましたが、12nm のようです。 2022年の Blackhole は 7nm でメモリを GDDR6からDDR5に変更。チャネル数を 6チャネルから8チャンネルに。Ethernetも 100GbEから400GbEに。そして、Sifive x280 CLUSTERが導入されます。

f:id:Vengineer:20211201111126p:plain

おわりに

ビデオで説明をしている人 (Auro Tripathy さん)。前職はAMDのようです。

9月にソフトウェアをオープンにするという感じでしたが、もう、12月です。。。