Vengineerの妄想(準備期間)

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

Xilix Vivadoの Data Check Point (.dcp) は、Zipファイルだった

はじめに

たまたま、Vivado が出力するファイルを調べていて、file コマンドを実行したら、気が付きました。

dcp (Data Check Point) は、Zip file !

SYNTHESIS や IMPLEMENTATION を行うと、拡張子が .dcp (Data Check Point) というファイルが生成されます。このファイルの中身は、zip archive になっています。

ZynqMP Ultrascale+ SoC ベースの回路を作って論理合成後の zynqmp_tutorial.dcp

zynqmp_tutorial.runs/synth_1/zynqmp_tutorial.dcp ファイルをみてみます。

file zynqmp_tutorial.dcp
zynqmp_tutorial.dcp: Zip archive data, at least v2.0 to extract

unzip コマンドにて、解凍してみます。

unzip zynqmp_tutorial.dcp
  inflating: dcp.xml
  inflating: zynqmp_tutorial.edf
  inflating: zynqmp_tutorial.hwdef
  inflating: zynqmp_tutorial.incr
  inflating: zynqmp_tutorial.rda
  inflating: zynqmp_tutorial.synth
  inflating: zynqmp_tutorial.wdf
  inflating: zynqmp_tutorial.xn
  inflating: zynqmp_tutorial_rda.json
  inflating: zynqmp_tutorial_stub.v
  inflating: zynqmp_tutorial_stub.vhdl

結構いろいろなファイルが入っているんですね。。。

ネットリストとしては、EDIFの zynqmp_tutorial.edf っぽいです。

おわりに

Microsoftの Word, Powerpoint, Excel のファイルは Zip ファイルで、独自に作ることも可能なのは知っていたのですが、

Xilinx Vivadoの .dcp ファイルの Zip ファイルなのは、ちょっとびっくりしました。