Vengineerの妄想

人生を妄想しています。

Hisilicon Kirin って、復活したよね。

はじめに

昔、Kirin 9000 ってあった気がしますが、下記のXの投稿に、Kirin 9100搭載の情報が流れてきました。

x.com

画像が無くなると勿体ないので、説明のために引用します。

今確認したら、N5 での開発していました、Kirin 9000 です。

9000

Kirin 9000 の仕様は、

  • N5
  • CPU : Cortex-A77@3.13GHx x1 + Cortex-A77@2.5xGHz x 3 + Cortex-A55@2.05GHz x 4
  • GPU : Arm Mali-G78 24CU, Kirin Gaming+ 3.0
  • NPU : HUAWEI Da Vinch Architecture 2.0 (2x Ascend Lite + 1x Ascend Tiny)
  • ISP : Kirin ISP 6.0
  • 5G
  • System Cache : 8MB
  • Memory : LPDDR5/4X

9010 との比較

昨日のブログの 9010 と比較します。

  • 9010
    • CPU : TaiShan V121@2.3 GHz x 2 + TaiShan V121@1.55 GHz x 4 + Cortex-A510@2.18 GHz x 6
    • GPU : MaLiang 910 4CU
    • ISP : Kirin ISP 7.0?
    • NPU Da Vinci NPU

9000 の CPU よりも動作周波数は、低いですね。

  • CPU : Cortex-A77@3.13GHx x1 + Cortex-A77@2.5xGHz x 3 + Cortex-A55@2.05GHz x 4
  • 9100
    • CPU : TSV-130@3.0GHz x 2 + TSV-130lite@1.8GHz x 6
    • GPU : GPU MaLiang 920 6CU
    • ISP : Kirin ISP 8.0
    • NPU : New Ascend NPU (1 big+1 small)
    • SMIC N5

9010 では、Cortex-A510を使っていたが、9100 では 独自CPUコアの TSV-130 + TSV-130 lite になった

動作周波数も上がってきましたね。

TaiShan V121@2.3 GHz x 2 + TaiShan V121@1.55 GHz x 4 + Cortex-A510@2.18 GHz x 6

おわりに

Kirin は、TSMC N7 での最初のスマホSoC(Kirin 990)を開発しています。なので、最先端でスマホ用SoCは開発できます。当時は、CPU/GPU は Arm製でしたが、色々な理由で独自CPU/GPUも開発していしまいました。NPUはもっと前から開発しています。