Vengineerの妄想(準備期間)

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

Intel Horse Creek

はじめに

IntelIntel Innovation 2022 にて、SiFive の CPUコア、P550 を2つ搭載した、Horse Creek の詳細を公開しました。

WikiChipにまとまっています。

fuse.wikichip.org

Intel Horse Creek

下図は上記の WikiChip の記事から説明のために引用します。

各ブロックには、色が付いていますね。たぶん、ブロックの開発元で色を変えているんだと思います。

  • Intel : PCIe Gen5 Phy, DDR5 Phy, ROM, 2MB Shared Memory, Process Monitor, PLL, Clk/RST/Power, Fuse , Thermal Sensor, JTAG
  • Sifive : CPU (P550)
  • Synopsys : PCIe5 Contoller, GPIO, UART, Quad SPI, Octal SPI, I3C, DMA、NOC Fabric
  • Cadence : DDR5 Memory Controller
  • Siemens : DFT/Debug

PCIe Gen5 は、x8 なんですね。

チップは、Intel 4 process で 4mm x 4mm で Packaging は 19mm x 19mm の FBGA です。

Linux がブートしているようですね。

下図は上記の WikiChip の記事から説明のために引用します。

  • Reset
  • BootROM (HW)
  • U-Boot-SPL (Bootloader) => DDR初期化
  • U-Boot Proper (2nd Bootloader) + OpenSBI (Runtime FW)
  • Kernel/Rootfs (OS => Linux)

これらは、BootROM以降は、SPI Flash に入っているようです。

おわりに

PCIe Gen5 と DDR5 となると、結構、IP代がかかりそうです。。。。

とは言え、

  • CPUコアは、2つ
  • GPUは、無

なので、まー、Intelが初めて、RISC-VコアベースのSoCを作りました。ただし、周辺IPは、Cadence/Synopsysのものを使っています。 何故なら? Linux で既に動いているIPを使わないと、Linuxをブートするのに大変なので。。

ということなんでしょうね。。。。

何故?GPUが無いのかがちょっと不思議です。。。もしかしたら、Intel製のGPUを入れちゃうんですかね。。。。