Vengineerの戯言

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

Tenstorrent の D2Dは、Blue Cheetah ?

はじめに

Tenstorrent は、自社のAI chiplet および RISC-V CPU chiplet を接続するための Die to Die Interface として、Blue Cheetah の IP を選んだようです。

Tenstorrent Selects Blue Cheetah Chiplet Interconnect IP For Its AI and RISC-V Solutions

tenstorrent.com

Blue Cheetah’s BlueLynx D2D interconnect subsystem IP

www.bcanalog.com

下図は、BlueLynx の技術に関するもので、Blue Cheetah から説明のために引用します。

右側には、

  • BoW 64 : 22nm
  • BoW 128 : 7nm
  • BoW 256 : 5nm

とあります。

その下もは、下図のようなものもあります。説明のために引用します。

こちらでは、

  • 6nm BoW PHY
  • 22nm AIB2.0 PHY

などもありmす。

下の方に、

  • BlueLynx enables 1-16Gbps/lane D2D PHYs in 3nm to 22nm process technologies

とあるので、3nm までサポートしているんですね。

おわりに

プレス発表があったということは、既に、Die to Die を載せたチップが出来て、それなりに動いているということでしょうか。。。。どうなんだろうか?

最新の Tenstorrent のロードマップ(2023.3更新)では、下図のようになっていて、D2D が必要なのは Quasar と Grendel です。Quasar に搭載されているのかしら?