Vengineerの妄想(準備期間)

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

SPARC64-XII


まだまだ継続するんだね。


 ・Sparc64-VII:4コア、2008/7、65nm
 ・Sparc64-VII:2010年12月、3 GHz/大規模L2キャッシュ(Oracle Sparc M3として販売)
 ・Sparc64-IX :これは商品ベースは無し 
 ・Sparc64-X  :16コア、2012、28nm
 ・Sparc64-X+ :16コア、2013/8、3.5GHz、28nm
 ・Sparc64-XI :これは無し


 ・Sparc64-XII:12コア(8TH)、3.9GHz、L1(64KB/64KB)、512KB-L2、32MB-L3、20nm
         4個のDDR4メモリコントローラ(DIMMは、4x2x2=16枚)
                 4個のPCIe Gen3 x8
                 CPU感インターコネクト(25.0Gbps):1〜32チップと接続可能

追い込まれた富士通SPARCサーバー、最後の国産機は生き残れるかによると、
次のM12+で富士通SPARCは終了か? 結構長かったね。

富士通のプレゼン資料も公開されましたね。