Vengineerの妄想(準備期間)

人生は短いけど、長いです。人生を楽しみましょう!

Breakfast というツール

 

R社を退社し、昨年9月にプロファウンド・デザイン・テクノロジー株式会社を立ち上げた、Mr. T。
今回のセミナーでは、開発中のESLツール「Breakfast」をプレゼンテーションしましたね。

 

この「Breakfast」を使うことで、
    ・バーチャル・プラットフォームの構築が容易
    ・高位合成用SystemC記述が容易
そして、
    ・高位合成用SystemCモデルをバーチャルプラットフォームにおいて利用可能
になると。

 

バーチャルプラットフォームのCPUモデルとしては、QEMUを利用。
QEMUとSystemCとの接続は、TLMuを利用している。
このTLMuを使うことで、QEMU+SystemCでの高速シミュレーションが可能に。

 

SystemC側のモデルはBreakfastのグラフィカル入力で少ない設定で自動生成されるというのもポイント。
ここで生成されるSystemC記述は、Forte社のCynthesizerで合成可能なコードである。
Mr.Tは、長年Cythesizerを使っていたので、どのような記述がいいのかというノウハウを持っている。

 

ユーザは生成されたSystemC記述の機能部分のコードを記述するだけでいい。
その他の外部との通信部分は自動生成されている。

 

Mr. TのSystemCのノウハウがたっぷり入った「Breakfast」。

 

皆さんは、このツールをどうみますか?

 

検証、Verification、SystemC